【野球】巨大クレーン30基、白銀にそびえ立つ要塞…日ハム新球場建設進む [砂漠のマスカレード★]

1:2021/03/07(日) 12:41:53.89ID:CAP_USER9 北海道北広島市で、プロ野球・北海道日本ハムファイターズの新球場を中心とした複合施設「北海道ボールパークFビレッジ」(HBP)の建設が進んでいる。白銀の大地に30基の巨大クレーンがそびえ立つ姿は、さながら要塞(ようさい)のようだ。

 新球場「エスコンフィールド北海道」は、開閉式屋根の天然芝の球場としては国内初だ。日本ハムの広報によると、昨年4月に着工し、基礎や外郭部分の工事を経て今月、長さ145メートルの巨大クレーンが登場。屋根や可動式レーンの工事を担っている。

 HBPは道産食材レストランや野球観戦ができる温浴施設なども備える。新球場の開業は2023年3月の予定。22年冬には、その外観を現す。

3/7(日) 12:29
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210307-00050094-yom-base

powered by Auto Youtube Summarize

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です